ホームに戻る

部署・委員会
部署・委員会一覧に戻る
ページ内リンク

薬剤部

薬剤部の紹介

薬剤部では現在、薬剤師5名と調剤アシスタント1名で業務を行っています。

 

薬剤師といえば、薬を調剤するというイメージが強いと思いますが、薬剤師は様々な分野で専門性を発揮しています。




 



<主な業務の紹介>

 

調剤業務

処方箋に基づき、内服薬・外用薬・注射薬の調剤を行っています。

 

調剤されたお薬は別の薬剤師がチェックを行い、間違いがないことを確認して

います。

 

またコンピューターを活用し薬剤師が薬の量・使い方・飲み合わせなどを再確認

することにより、 安心して薬を使用していただけるよう努めています。



 
 

薬剤管理指導

入院中の患者さんのもとへ薬剤師がうかがって、薬を正しく使用していただける

ように説明を行ったり、疑問や質問にお答えしています。

 

また単に薬の説明を行うだけでなく、飲み合わせの悪い薬がないか、副作用が

現れていないかということを確認したり、薬の体内濃度を解析・予測したり

して臨床薬学的な観点から有効な薬物療法が行われるよう、医師や看護師と

連携して活動しています。


   

病棟薬剤業務

病棟薬剤業務が平成24年4月から新設されました。

 

以前から行ってきた持参薬の確認、医師や看護師からの薬の相談応需、薬剤選択

や投与量などの処方提案、カンファレンスへの参加などが診療報酬として認められ

たもので、当院も専任薬剤師を中心に積極的に行っています。




抗がん剤の調製

がん化学療法剤は特別な環境のもとで細心の注意を払って混注を行っています。

 

また抗がん剤の投与量や投与間隔、血液検査の結果を確認し、投与が治療計画通

りにかつ安全に行われるよう管理しています。



 
 

医薬品情報の收集と提供

医薬品はその情報と一体となってはじめて有効性と安全性を最大限に発揮できます。

 

正しく効果的に使用するため必要な情報を収集し、医師・看護師などの他のスタッフに

提供しています。

 

また収集した情報を効率よく整理して、患者さんや医療スタッフからの質問に迅速に答え

られるようにしています。


 
 
 

製剤

製品として市販されていない特殊な薬剤の調製を行なっています。



   

薬品管理

必要時に必要な薬剤が確実に提供できるように、薬品の購入及び在庫管理を行

なっています。


   

TDM

薬物血中濃度モニタリング(Therapeutic Drug Monitoring)といって、主にバンコ

マイシンが体内で望ましい濃度になるよう年齢や腎機能から投与量の設計を行い、

医師へ処方提案を行っています。


   

薬学部学生の臨床実習の受け入れ

毎年数名の薬学部学生の実習を受け入れています。

 

実習の前半は内服薬・注射薬の調剤など基礎的な内容をワークシート中心に学び、

後半は患者さんの入院から退院までを通じて指導薬剤師と共に薬物治療に関わり、

薬剤管理指導や病棟薬剤業務などを実践します。

 

肛門手術の見学や、様々な委員会やチーム医療に参加し、チームにおける薬剤師

の役割を体験します。




当院で使用しているワークシートの一例

 

<外来調剤③>

<注射④>

<DI①>

治験業務

治験(まだ日本で発売されていない医薬品の開発試験)が適正かつ円滑に実施でき

るよう支援を行っています。


   

チーム医療や委員会活動

NST(栄養サポートチーム) やICT(感染制御チーム)、医療安全関連の委員会など

ほとんどの委員会に属し、薬に関わる知識を発揮してチーム医療に貢献しています。



   

学術活動

2017年 日本静脈経腸栄養学会

一般演題

「エレンタール配合内用剤のアドヒアランス向上のための取り組み」

 

2017年 日本医薬品安全性学会

一般演題

「チェックシートを活用した医薬品安全使用の取り組み」

 

2017年 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会

一般演題

「当院のがん化学療法施行時患者におけるHBV再活性化対策の現状」

 

2018年 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会

一般演題

「当院のプレアボイド報告の解析」

 

2019年 日本医薬品安全性学会

一般演題

「炎症性腸疾患におけるチオプリン・アロプリノール併用による有効性および

有害事象の調査」

 

2019年 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会

一般演題

「周術期におけるARBおよびACE-Iの影響の検討」


   

新人職員教育

臨床薬剤師として基礎から学びステップアップしていけるよう、教育プログラムにそって指導を行います。


 ■新人教育プログラム




   

 

ページのトップへ