医療安全管理委員会

医療安全管理委員会の紹介

医療安全管理委員会風景の写真

医療安全管理委員会の特色

医療安全管理委員会では医療事故防止対策を進めるため、各部署から問題点の報告と防止対策について検討しています。

 

  1. 各部署における医療事故防止の原因及び防止方法の検討
  2. ハット・ヒヤリ報告の内容分析
  3. 委員会で決定した安全対策を全職員に周知徹底
  4. 各職種の立場で、医療事故防止マニュアルの見直しや現場での定期的なチェックなどの活動を行っています。

ページのトップへ

医療安全管理委員会から一言

 

患者さんも参加して安全な医療を一緒に実現しましょう


  • 当院では、患者さんがより安全に医療が受けられるよう、患者さんご自身やご家族の方に安全確認などにご協力いただき、スタッフと一緒に医療安全に参加していただく体制をとっています。

 

 

患者さんには以下のことに、ご協力をお願いしたします。


安全確認

ご本人確認のために、お名前を名乗っていただくか、診察券をお見せいただいています。外来診察や検査・説明等で何度もお名前を確認させていただくことがありますが、医療事故を未然に防ぐためですのでご協力下さい。

病状や治療の説明

医師から説明を受ける場合は、できれば患者さんお1人ではなく、ご家族の方と一緒にお聞きください。十分に理解・納得した上で治療や検査を受けていただきたいと思います 。

情報の提供

普段から服用されているお薬や、食品・薬のアレルギーなどがあれば、必ず医師または看護師、薬剤師に教えてください。

お薬の確認

お薬をもらったらすぐに中身をご確認下さい。「いつもと違う薬が出た」など「あれ?」と疑問を持ったら職員にお申し出下さい。
お薬袋の名前や点滴の名前が自分の名前と違っていないか確認して下さい。

転倒・転落の防止

入院中の患者さんで、麻酔から覚める際や認知症の症状がある場合は、転倒転落の危険があります。予想される場合には付き添いなどをご家族にお願いすることがあります。

相談窓口へ

お気づきの点や不安なこと、疑問に思うこと等ございましたら、いつでも職員や相談窓口に声をかけていただくようお願いいたします。

ページのトップへ