ホームに戻る

部署・委員会
部署・委員会一覧に戻る
ページ内リンク

内視鏡室

1.内視鏡室案内

 

内視鏡室の紹介

 

 

 

内視鏡室では、消化管(食道、胃、十二指腸、大腸)の

内視鏡検査を行っています。 

 

 

症状や病態に応じて内視鏡検査を行っています。

 

 

早期胃癌・早期大腸癌に対する内視鏡的治療にも取り組んでいます。

 


施設認定

当院は、日本消化器内視鏡学会指導施設の認定を受けています。


 

 
   


内視鏡室医師紹介

【理事長】 竹馬 彰(ちくば あきら)

竹馬 彰(ちくば あきら)
  • ・昭和63年香川医科大学(現香川大学医学部)卒
  • ・日本大腸肛門病学会指導医
  • ・外科専門医
  • ・消化器内視鏡専門医
  • ・日本医師会認定産業医

 

【院 長】 瀧上 隆夫(たきうえ たかお)

瀧上 隆夫(たきうえ たかお)
  • ・昭和53年岡山大学卒
  • ・日本大腸肛門病学会評議員
  • ・日本大腸肛門病学会指導医
  • ・麻酔科標榜医

 

【副院長】 嶋村 廣視(しまむら ひろし)

嶋村 廣視(しまむら ひろし)
  • ・昭和61年岡山大学卒
  • ・外科専門医
  • ・日本大腸肛門病学会専門医
  • ・消化器外科認定医
  • ・麻酔科認定医
  • ・消化器内視鏡専門医
  • ・認定ICD

 

【外科部長】 根津 真司(ねづ まさし)

根津 真司(ねづ まさし)
  • ・昭和61年高知医科大学卒
  • ・外科専門医
  • ・日本大腸肛門病学会専門医

 

【診療部長】 鈴木 健夫(すずき たけお)

鈴木 健夫(すずき たけお)
  • ・平成8年香川医科大学(現香川大学医学部)卒
  • ・外科専門医
  • ・日本大腸肛門病学会専門医

 

木下 真一郎(きのした しんいちろう)

木下 真一郎(きのした しんいちろう)
  • ・平成11年川崎医科大学卒
  • ・外科専門医
  • ・巻き爪治療法・VHO資格
  • ・日本医師会認定産業医

 

 


内視鏡室スタッフ

医師:6名  

看護師 :8名

 

臨床工学技士:1名

 

看護助手:2名

 
   


内視鏡室概要(内視鏡装置・設備)

内視鏡室数

3室

内視鏡装置

オリンパス社製 CV-290SL、CLV-290SL :3台

内視鏡洗浄装置

オリンパス社製 OER3:2台、 OER4:2台

内視鏡スコープ数

オリンパス社製  総数21本

拡大内視鏡あり

NBI使用可

内視鏡関連機器

・OFP(ウォータージェット用送水ポンプ)

・UCR(炭酸ガス送気装置)

 
■内視鏡室  


内視鏡検査時間

午前

胃内視鏡検査

大腸内視鏡検査

午後

胃内視鏡検査

大腸内視鏡検査

内視鏡的ポリープ切除術

EMR(内視鏡的粘膜切除術)

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

その他処置



内視鏡検査・治療実績

内視鏡検査 医療実績はこちら



チクバ外科 内視鏡室の特色

当院では、苦痛の少ない内視鏡検査の手法をとりいれて、患者さんに喜んでいただいて

います。

 

 

胃の検査は、のどに麻酔をする方法と、痛みや不安感を抑える鎮静剤を使用する方法

があります。

 

 

大腸の検査では、鎮静剤を使用しない方法と、鎮静剤を使用する方法があります。

 

 

鎮静剤を使って、楽に検査を受けていただくことができますが、鎮静剤の効果は、半日位

は残りますので、以下の点にご協力ください。

 

1.付き添いが必要  2.乗り物の運転は厳禁

 
 
■リカバリー室  


上部(胃・食道・十二指腸)内視鏡検査の紹介

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、食道がんなど、胃・十二指腸・食道に関係する病気を
診断することができます。

 

胃潰瘍、十二指腸潰瘍では、ピロリ菌の感染を調べることができます。

 

 
   

■当院の特徴

 

内視鏡を口から挿入する検査方法です。

鎮静剤を使用して検査を行っています。

鎮静剤を使用せず、のどに麻酔をして行う方法もあります。

外来で上部(胃・食道・十二指腸)内視鏡検査を行っています。

午前と午後どちらでも検査を受けることができます。

検査時間は、5~10分程度です。

検査後、リカバリー室で1~2時間休んでもらい(鎮静剤を使用した場合)、
その後、説明を受けて帰ってもらいます。

 

 


大腸内視鏡検査の紹介

大腸ポリープ、大腸がん、潰瘍性大腸炎、クローン病などの、大腸に関係する病気を

診断することができます。

 

 
   

■当院の特徴

 

鎮静剤を使用して検査を行っています。
(鎮静剤を使用せずに検査を行うこともできます)

外来で大腸内視鏡検査を行っています。

午前と午後どちらでも検査を受けることができます。

検査時間は、10~20分程度です。(個人差によります)

検査後、リカバリー室で1~2時間休んでもらい(鎮静剤を使用した場合)、
その後、説明を受けて帰ってもらいます。

 

 


内視鏡的ポリープ切除について

内視鏡的ポリープ切除とは、検査によって発見されたポリープを、

内視鏡下にて高周波スネアというワイヤーを投げ縄のように、

隆起物(ポリープ)の根元にかけ、電気で焼き切る治療法です。

 

痛みはありませんがポリープを取ったところには、傷(潰瘍)ができます。

 

まれですが、その傷から出血することがありますので、治療後は若干の注意が必要となります。

 

ポリープ切除部の傷が治るのには、約2~4週間かかります。

 

切除したポリープの数・大きさ・切除後の状態により多少変わりますが、

治療後から1週間は注意が必要です。

 

切除したポリープは、回収して組織検査することで、良性・悪性の判断や、

悪性度の判断が可能です。

 

 
   

 

 

 
   


EMR(内視鏡的粘膜切除術)について

EMR(内視鏡的粘膜切除術)とは、 内視鏡を使用して、

 

粘膜の下に、生理食塩水などの液体を注入して、平坦なポリープなどを隆起させて、

 

スネアワイヤーで電気を流して切除する方法です。

 
   

 

 

 
   


ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)について

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)とは、

 

内視鏡を使用して、


早期がん等の病変を、電気メス等で広く切除する方法です。

 
   

 

 

 
   
   


 

2.内視鏡検査を希望される患者さんへ

 

検査の流れ

まず、外来受診を行い、検査の予約をして下さい。

 

外来診察にて症状や病態をうかがい、検査を計画し予約をしていただきます。

 

緊急時は即日対応しています。

 

紹介状をお持ちの方はお出し下さい。

 

 

 

 

 
   

大腸内視鏡検査の場合、検査前日と当日に自宅で下剤を飲んでもらいます。

 

■内視鏡検査の流れ(外来)

 

着替え(大腸内視鏡検査では、検査用トランクスに着替えてもらいます)

胃内視鏡検査(5~10分)・大腸内視鏡検査(10~20分)

リカバリー室で休息(1時間~2時間)

検査結果説明

 

 

検査着(検査用トランクス)

大腸内視鏡検査では、検査用トランクスに着替えてもらいます。 

 

 
   

 

 

 
   

検査費用・入院費用について

■入院費用について(3割負担の場合)(部屋代別)

大腸内視鏡のみ(1泊2日)

約2万~3万円

胃・大腸内視鏡検査

(1泊2日)

約3万円

内視鏡的ポリープ切除

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

(1泊2日、2泊3日)

約3万5千~6万円

処置内容と宿泊日数により値段は変わります



入院について

治療(ポリープ切除等)は原則、入院で行います。入院当日の午後から行います。

 

治療後は、約2~3日間入院治療が、必要です。

入院期間は、病変の大きさ等により異なります。

検査説明の際、医師から説明させて頂きます。

 

ポリープ切除後に出血する危険性があるため入院が延びる事があります。

1週間程度はできるだけ予定は入れず余裕をもってお越し下さい。

 

 

 

 


治療後の説明について

ご本人様へのポリープ切除についての説明は、翌朝内視鏡室(休日は外来)

にて医師より説明させて頂きます。

 

切除したポリープの組織の結果は、約10日後に来院してお聞き下さい。

 

 

 

 

 


ページのトップへ