ホームに戻る

部署・委員会
部署・委員会一覧に戻る
ページ内リンク

ME機器管理課

ME機器管理課の概要

ME機器管理課では、臨床工学技士が院内の医療機器の管理・保守点検を責任もって

行っています。

 

また、潰瘍性大腸炎・クローン病に対するGCAP(顆粒球吸着除去療法)

等の血液浄化療法業務や、内視鏡室での業務も行っています。


   

 ↑GCAP(顆粒球吸着除去療法)に使用する装置

 
   


医療機器の管理・保守点検

当院には、約150台の医療機器があります。

 

これらの医療機器は、臨床工学技士が管理し、定期的に点検を行っています。

 

医療機器も家電製品や情報機器と同様に年々進化し、機能、性能共に良くなってきています。

 

 

 
   

 


内視鏡室の医療機器

当院の内視鏡システムは、オリンパス社製の最新機器を使用しています。

 

患者さんに使用した内視鏡ファイバーは、すぐに内視鏡ファイバー洗浄装置によって、

洗浄・消毒されていますので、感染の心配はありません。

 

内視鏡機器の点検、メンテナンスも行っており、安心して内視鏡検査を受けれる

環境を整えています。

 
 
 

 

 ↓内視鏡ファイバー洗浄装置

 
   

 

ページのトップへ