ホームに戻る

部署・委員会
部署・委員会一覧に戻る
ページ内リンク

栄養課

栄養課の紹介

栄養課では衛生管理を徹底し、安全な食事づくりを心がけています。
治療の一環として病気の早期回復に繋がる食事を提供することを、スッタフ全員の目標にしています。
入院中、「食事の時間が楽しみ」といっていただけるよう、まごころ込めて毎日調理しています。

現在のスタッフは、管理栄養士4名、調理師6名、調理員2名です。






 
 
 
 

 



<主な業務の紹介>


献立作成や調理などの給食管理

当院の食事は、4週間のサイクルメニューで、普通食(常食、軟食)と治療食(低残渣食、低脂肪食、糖尿食など) に分かれています。

常食の方には食物繊維を多く取り入れたメニューを提供しています。
また、病状に応じて主食(三分~全粥、軟飯等)・副食(一口大、トロミ、ミキサー等)の形態を 変え、食欲のない方など治療食の患者さんに対しては、ご希望に出来る限り対応するよう努めています。


食事で四季を感じていただけるよう、お正月、七夕、クリスマスなどには、行事に合わせたお食事もご用意しています。


配膳時間は、朝食8:00 昼食12:00 夕食 18:00 となっています。また温かい料理は 温かく、冷たい料理は冷たくお届けできるよう、保温保冷配膳車を使用しています。


七夕 クリスマス
   
お正月 配膳車    
   

 

栄養管理

入院された患者さん一人一人の栄養状態を把握し、栄養管理計画を立てています。必要に応じて病 室に訪問し、個々に嗜好調査を行っています。


 
 

 

栄養指導

入院・外来患者さんを対象に、医師の指示のもと栄養指導を行っています。主に胃や大腸の術後の食事についてや腸疾患の食事療法について行っています。また、食欲不振や脱水、慢性疾患など病態に合わせた指導も行っています。

 

NST業務

医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床検査技師・事務職員などが参加し、栄養サポートチームとして活動しています。専従の管理栄養士を中心に、毎週カンファレンス、回診を行っています。様々な職種の視点から栄養について話合い、入院患者さんの早期の栄養改善に取組んでいます。

 

IBD活動

H24年4月よりIBD(炎症性腸疾患)チームを立ち上げ活動しています。主にクローン病や潰瘍性大腸炎の患者さん向けの低脂質のメニューやエレンタールレシピの開発に取組んでいます。また患者さん向けの講演・料理講習会を開催しています。

<料理講習会> <講演会>
   

 

患者アンケートの実施

患者さんの声を反映させるために、年4回アンケートによる嗜好調査を行っています。

H28年のアンケート結果

H27年のアンケート結果


 
 

 

栄養課便りの発行

年3回、栄養についての最近の情報や豆知識を発信しています。


<バックナンバー>

第3号 食生活を見直そう(食生活指針とBMI)

第2号 ひじきが鉄分の王様から脱落!?

第1号 夏バテ予防:疲労回復・体力アップしよう!!


 
 

 


ページのトップへ